2019アウディA1オールロードスパイ

アウディはその最小の車でジャッキアップされたテイクを準備していますか?




と思われるプロトタイプ 2019年 アウディA1オールロード ニュルブルクリンクノルトシュライフでのスナップテストで、ボディクラッディングを追加し、乗車高を高くしました。

ここで見ることができるものを超えて、A1 Allroadについて利用可能な詳細は実際にはありません。アウディは、A4よりも小さなもので高機能で強化されたエディションの1つを提供したことがないため、ここでは未知の海域にいます。

それがオールロードであることをどうやって知るのか?アウディはそれらを隠すために一生懸命努力しましたが、ここに描かれている車の標準的なA1よりも幅広のシル、より大きなホイール、より顕著なフロントスプリッター、より高い乗車高があります。



ミニカントリーマン2017レビュー







通常のA1レンジの出力は、70 kWを作る1.0リットルターボトリプルから147 kWを作る2.0リットル4気筒まで、さまざまなコンパクトエンジンから供給されます。

オールロードモデルは伝統的にハイスペックな車両であったため、より背の高いスーパーミニは、スペクトルのより強力な最後のエンジンで実行することをお勧めします。それはエクステリア仕様と同様の話です。通常のA1には15〜18インチのホイールが提供されていますが、これらのオプションのうち大きい方のみが利用可能であるようです。

すべてのA1モデルに10.25インチのバーチャルコックピットデジタルインスツルメントビナクルが搭載されることを考えると、Allroadで同じ技術が見られることを期待してください。この時点で、手元の情報に基づいて純粋に推測しています。




発売までのA1 Allroadの詳細については、引き続きご期待ください。その他の画像はこちらをクリックしてください






次を読みます

少なくとも500 kmの範囲を提供するインフィニティ電気自動車