ダイムラー、BYDが中国市場にデンザEVを投入

ダイムラーと中国の自動車メーカーBYDとのコラボレーションにより、中国で唯一のデンザ電気自動車という最初の成果が得られました。




伸びたBクラスのハッチとタトラT700の間のマッシュアップのように見えるデンザは、香港との国境にある中国の深センにある工場に建設されています。

ボンネットの下には、86 kWの出力と290 Nmのトルクを備えた電気エンジンがあり、BYD 47.5 kWhのリン酸鉄リチウム電池で駆動され、自動車の下部構造に配置されています。床に足を踏み入れると、デンザの最高速度は150km / hです。






完全に充電されたデンザは、最大300キロの走行距離があると主張されています。 22kWのウォールボックスからの充電時間は3時間未満であると主張されています。ダイムラーは、標準の電源コンセントからデンザを充電するのに必要な時間を引用していません。

ダイムラーは、メルセデスベンツEクラスと同じくらい長いホイールベースで、460リットルのブーツスペースに加えて、デンザには十分な後脚スペースがあると主張しています。

rs 3前




標準装備には、18インチのアロイホイール、レザーシート、大型のLCD計装画面、センターコンソールの静電容量式コントロール、エンターテイメントシステム用の8インチタッチスクリーンが含まれます。

ハイスペックモデルは、ハーマンカードンサウンドシステム、適応型キセノンヘッドライト、衛星ナビゲーションを備えています。

rc350 fスポーツ




デンザは9月の終わりに中国で369,000元($ 65,350)で販売されます。購入者の居住地に応じて、中央政府と州政府の両方から購入者に電気自動車の補助金と売上税の免除が付与される場合があります。

上海や深センなどの一部の都市では、電気自動車の所有者がナンバープレートの宝くじや無料のナンバープレートをスキップすることもできます。ダイムラーは、リベートが120,000元(21,250ドル)に達する可能性があると推定しています。






次を読みます

買収に興味のあるミシュラン