Hankook i-Flex:エアレスタイヤのコンセプトが明らかに

ハンコックタイヤは、2013年のフランクフルトモーターショーで新しいi-Flexエアレスホイールとタイヤのコンセプトを発表しました。




ハンコックi-Flexデザインコンセプトは、車のエネルギー変換を改善することで車両の効率を向上させるように設計されたオールインワンホイールアンドタイヤユニットであり、従来のホイールやタイヤよりも環境的にも持続可能です。

空気がなく、ほぼ完全にリサイクル可能なポリウレタン合成材料で構成されているHankook氏によると、i-Flexのコンセプトは、従来のホイールとタイヤの組み合わせよりもかなり軽量です。また、ホイールリムユニットは、空気入りタイヤよりも優れた衝撃吸収性を提供すると主張されており、燃料消費と騒音放出を削減しながら、乗客の快適性を向上させます。






エアレスであるため、i-Flexタイヤはパンクしたり、タイヤの空気圧を失ったりすることもありません。これにより、車両のエンジンが一生懸命働く必要がなくなります。燃料消費量を増やします–失われた圧力を補うために。

エアレスタイヤは、業界にとって新しい開発ではありません。ミシュランは以前に‘ Tweel’を示しました。 (タイヤとホイール)コンセプト、従来の空気圧タイヤの代わりに衝撃を吸収する柔軟なポリウレタンスポークを使用して、車のホイールハブをタイヤに接続します。ブリヂストンは、空気の代わりにスポークを使用し、100%リサイクル可能な素材を使用した独自のエアレスコンセプトタイヤを2011年に発表しました。

フランクフルトモーターショーの参加者は、‘ハンズオン’でi-Flexの色を変更できます。ディスプレイ、チューニングされたフォルクスワーゲンアップにデザインコンセプトが表示されます!幅155mm、直径590mmのタイヤを装着し、中央に‘ simulated’ 14インチホイール。






次を読みます

スマートがフランクフルトの前に自律EV概念をからかう