ホンダジャズ、英国での生産を開始

ヨーロッパで最初に製造されたジャズは、スウィンドン(英国)にあるホンダの工場の生産ラインから追い出され、生産量が増加し、同社の欧州事業への長期的なコミットメントが強調されました。




5ドアジャズはヨーロッパでホンダの最も成功した車の1つで、毎年この地域で7万台以上が販売されています。ホンダは、販売されている市場で最も人気のある車を製造する方針を持っているため、ヨーロッパの顧客向けのジャズの生産は日本から英国に移行しています。

ファルコンXR6 UTE

現在の会計年度(2010年3月末まで)に、英国マニュファクチャリング・イン・スウィンドン(HUM)が20,000台のジャズを製造します。これらの75%は英国市場向けで、残りの25%はヨーロッパ本土および南アフリカを含む他の地域の55か国への輸出を計画しています。

Jazzの追加により、今年度のスウィンドン工場の計画総生産レベルは100,600になります。まだ工場の全能力をはるかに下回っています。生産量は、新しい3モデルの生産ラインナップにより来年増加すると予想されます。



“この3番目のモデルは現在の気候における素晴らしい機会であると考えており、SwindonでJazzを構築できることを非常に誇りに思っています。” HUMのディレクターであるDavid Hodgetts氏は言いました。 “この車は顧客に非常に人気があり、品質と信頼性で数々の賞を受賞しています。生産を英国にシフトすることは、ここスウィンドンのすべてのアソシエイトに対する真の信頼の票であり、工場で達成できた高い基準を認識していることです。”

ジャズの生産の開始は、ウィルトシャー州の製造施設で3番目のモデルを製造する決定からわずか12か月後です。






次を読みます

ジェームズ・パッカーはまだアストンマーティンについて考えています