三菱ランサーが追加のエアバッグを獲得

Mitsubishi Motors Australia Limited(MMAL)は、2010年に人気のLancerにさらに安全装置を追加しました。すべてのLancerセダンおよびハッチには、標準のサイドカーテンエアバッグが付属しています。




ランサーは現在、すべてのモデルで標準的な7つのエアバッグ、ドライバーと助手席のSRSエアバッグ、サイドエアバッグとカーテンエアバッグ、ドライバーニーエアバッグの合計競合他社よりも多くの乗員の安全性を提供しています。
キャビンの安全性を補完するために、三菱の絶賛されたRISE(強化された衝撃安全性進化)ボディ、安定性制御、トラクション制御、ブレーキアシスト付きABS、電子ブレーキ力配分、およびシートベルト荷重制限装置があります。




MMALの社長兼最高経営責任者であるロバート・マケニリー氏は、ランサーに関するニュースは「ますます良くなっている」と述べた」2009年はランサーにとって傑出した年であり、21,000台を超える車両が販売され、過去最高の結果を記録した」 「そして、今、サイドエアバッグとカーテンエアバッグが範囲内のすべての車両に標準装備されているため、ランサーは2010年の素晴らしいスタートが保証されています」





次を読みます

10月に発売されたランボルギーニセストエレメント