ルノーコレオスSエ​​ディションは44,990ドルから届きます

新しい限定版には、ブルーをテーマにしたエクストラが搭載され、前輪駆動のみが装備されています。




ルノーオーストラリア を開始しました コレオスSエ​​ディション オーストラリアでは、追加の機器と、 44,990ドルのドライブアウェイ

インテンス(44,990ドルおよびオンロードから)に基づいて、S-Editionは前輪駆動系を独自に取得し、19インチ合金やメタリックブラックミラーキャップなどの追加キットを誇っています。

ランボルギーニ毒液価格

内側には、レザーの張り地にブルーのコントラストのあるトップステッチがあり、ミシン目に青いアクセントが付いています。 S-Editionのエキストラを締めくくるのは、「S-Edition」です。バッジとシルプレート–限定版を購入し忘れた場合に備えて。









Intensグレードから引き継がれたその他の標準装備には、自動ハイビーム、加熱および換気付きフロントシート付きLEDヘッドライト、キーレススタート、サテライトナビゲーションを備えた7.0インチインフォテインメントシステム、Apple CarPlayおよびAndroid Auto、駐車センサー、自動駐車アシスタント。

パワーは同じものから来る 2.5リットルの自然吸気ガソリンエンジン より広い範囲として、 126kW 力と 226Nm CVTオートマチックを介して前輪に送られるトルク。

S-Editionでは、マイセンブルー(写真)、メタリックグレー、ソリッドホワイト、ユニバーサルホワイトの4色のみを使用できます。すべての色相バーソリッドホワイトは、 880ドル プレミアム。

カー・オブ・ザ・イヤー賞




ルノー・オーストラリアのマネージング・ディレクターであるアンドリュー・ムーアは、次のように述べています。

より広いルノーの範囲(ルノースポーツモデルを除く)と同様に、コレオスSエ​​ディションは、同社の5年間の無制限のキロメートル保証と上限価格サービスプログラムの対象です。

その他の画像については、ギャラリーのセクションをご覧ください

フォードフォーカス2007






次を読みます

2019 Kia Ceratoが分割されたANCAP安全性評価を取得